久能山東照宮(1)

今回のいい寺は・・・・・・
久能山東照宮です。

 

 DSC_0381.JPG
 
久能山東照宮へは日本平からロープウェーで
行きました
標高308mの日本平から標高216mの
久能山東照宮へ5分で結んでいます。
ロープウェーの車体は、お殿様、お姫様の籠を
イメージしているそうです

 DSC_0376.jpg
 

ロープウェーから伊豆半島の先端まで見渡せます
駿河湾を往来するタンカーが小さく見えますね。
駿河湾の最深部は水深2500mで、この深い海に
黒潮が流れ込みこの地方は温暖な気候になっています
 
静岡県民は温暖な気候と富士山で温和な性格の方が
多いそうです

 DSC_0500.JPG
 

久能山東照宮へ正面から上ると1159段の石段が
待っています

DSC_0508.jpg
 

眼下には、ビニールハウスが並んで見えますね。
久能海岸の狭い土地と斜面を使って「石垣いちご」の
栽培が行われています
温暖な気候とビニールハウスで正月からGW頃まで
「イチゴ狩り」が楽しめます

 DSC_0505.jpg
 

門を潜ると目の前に門衛所があります。
江戸時代に門を守るために与力がいた場所で、
ここで登拝者を制限したそうです
久能山東照宮は、他の東照宮とは建てられた
意味合いが違ったのでしょうか。

 DSC_0506.JPG
 

急な石段と石垣が、城の本丸に向かって上っているようです。
1500年前に久能寺として開かれた久能山は、
武田信玄によって自然の要塞・久能城と変貌しました
武田氏が滅んだあと駿河は徳川氏の手に入り、
徳川家康駿府(静岡市)に居城を構えました。
その後、遺言で徳川家康の遺体は久能山に葬られ、
二代将軍徳川秀忠によって久能山東照宮が建立され
現在にいたっています。
後に徳川家康の亡骸は日光東照宮へ移りましたが、
今でも廟が祀られています

 f4149eaf.jpeg
 

石段を上っていくと武田信玄の家来で軍師・山本勘介
掘ったといわれる井戸があります。
山本勘介は最初に今川家に仕えて静岡にいましたが、
武田信玄に才能を見込まれて武田家に仕官して甲府に
移ったそうです。
山本勘介築城術にも長けていていましたから、久能寺
城に改築するときにも腕を揮ったのでしょうね
そして、生活に必要な水を確保する為に、先ず井戸を
掘ったのでしょう

 DSC_0485.jpg
 

は大切ですよね
1159段の石段を上ってきた人の喉を潤してくれますね。

 6d666404.jpeg
 

目の前には、楼門へと向かう石段があります。
喉を潤し呼吸を整えて、もうひと踏ん張りですね
 

 DSC_0395.JPG
 

楼門の上には、御水尾天皇の御宸筆で「東照大権現
の額が掲げてありました。
徳川家康が東照大権現であることを天皇が宣旨(せんじ)
した証です。

一般参詣者が通る楼門ですが、天皇の勅使が通る役目も
しているそうです。
 
 

DSC_0400.JPG
 
楼門を潜ると、徳川家康の手形の色紙が置いてありました。
ふっくらした感じの手形ですね
ただ徳川家康が38歳の時は、長篠の合戦の後岡崎城に
いた正室と長男が武田方と内通しているとの事で、
織田信長の命により殺害した悲しい年でした
 
理由はともあれ嫡男を切腹させるのですから、
戦国時代は厳しい時代だったのですね
 

 DSC_0409.jpg
 

楼門を潜ると御手洗い場があります。
ここで口を濯ぎ、手を洗って心を清めてから拝殿へと
向かいます

 DSC_0413.JPG
 

二代将軍徳川秀忠が二年弱の短い期間に創建した
伽藍ですが色彩が鮮やかな権現作りの社となっています。
 
19年後に3代将軍徳川家光によって日光東照宮
創建されるまで、徳川家康久能山東照宮に祀られ、
多くの大名がこの地を訪れたでしょうね
参詣記念の石灯籠が沢山並んでありました
 
それでは、桃山時代の技法も取り入れられた江戸初期の
代表的建物を拝観しながら御参りしてみます
 
カテゴリー: 静岡・清水   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>