左京区一条寺の曼殊院

今回のいい町は・・・
左京区一条寺の曼殊院です♪

17f0ea6d.JPG

お庭が素晴らしい曼殊院を訪れました

857f757d.jpg 

 
曼殊院は、皇族と関係が深い門跡寺院です
 
そして、菅原氏とのご縁で曼殊院の住持が、
北野天満宮の祠官(宮司)職を代々勤めてきました

 

 
a19e0a13.JPG
 
北野天満宮の宮司僧侶?!
 
と不思議に思いますが、歴史を遡ると
なるほど と理解ができました

 

 
b634d938.JPG 
 
北野天満宮の神紋は、です
 
は、都を想い悲しむ菅原道真の元に行った飛梅を
は、菅原道真が亡くなった時に一夜で境内に生えた
松を表します
 
菅原道真が肌身離さず持っていた仏舎利が、
遠く大宰府からこの松の枝に、飛んできました
 

 

a4f8fe00.JPG 
 
その仏舎利は、舎利塔に納めて社殿に祀り、
天神(菅原道真)として信仰されてきました
 
 
 
kitanos.jpg
 
北野天満宮の古絵図には、仏教伽藍多宝塔
描かれています
 
ここは、神仏融合の場所だったのですね

96702306.JPG 

 
時代は変わり、明治になって廃仏毀釈
多宝塔は取り壊され、仏舎利は境内の外に
出されてしまいました
 
曼殊院と北野天満宮のご縁も、歴史を紐解かな
ければ知られない、昔の話となっています

282e5564.JPG
 

曼殊院の庭は、小堀遠州作といわれ、枯山水の庭で
蓬莱の世界を表しています 

余分なものを排除した枯山水の庭は、想像をかきたて
られますね。

DSC_0178.jpg 

 
ここで圧巻なのが、蓬莱仙島を飛び立つ
を表現した五葉松
 
下から延びる枝が鶴の首だそうです
今にも飛び立ちそうに・・・見えませんか??
 
雄大に羽ばたく鶴のように、菅原道真が持っていた
仏舎利も飛梅も飛び立ったのでしょうか

 

ae2baa24.JPG 
 
樹齢400年とも言われる老松の傍らには
キリシタン灯籠がありました。
蓬莱の世界には、宗教の区別拘りも無いよう
ですね

 

 
9d5982cc.JPG 
 
左京区一条寺の曼殊院
新緑がさわやかで、静かな境内でした
これから霧島ツツジが咲くころには、
賑やかになるでしょうね
カテゴリー: 京都 (春)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>