前山寺の三重塔「未完成の完成の塔」

今回のいい町は・・・
前山寺の三重塔「未完成の完成の塔」です♪

c00b9631.JPG

塩田城の鬼門に位置する祈願所
前山寺を訪ねました

a79d5142.JPG

前山寺の後ろには切り立った山並みの独鈷山
(とっこさん)があります

別名「弘法山」と呼ばれています

弘法大師が山頂に仏具の「独鈷」を埋めたという
伝説もあって、この山は修験道の道場となって
います

319df954.JPG

前山寺の本堂と向き合うように建っています

本尊は大日如来

大日如来が見守る中で、修行僧は前方にそびえる
独鈷山に入って修験道に精進しました

その所以で前山寺と名前がついたのでしょう

6a60fd24.JPG

季節の花が美しく咲き、「花の寺」とも
言われています

56c3ec1f.JPG

この塔にはが無く、二層三層には欄干
ありません
途中で仕事を終えたような造りとなっています
そこで「未完成の完成の塔」と呼ばれています

 

109e63a6.JPG

造る手間を省いたわけでは無いでしょう
意図したものは何だったのでしょうか
それは僧侶への暗示でしょうか・・・
美的感覚でしょうか・・・
平安時代に建てられた塔は見る人に問いかけて
いるようですね
 

 

b4e7385d.JPG

塔の一層目、四方の軒下には
「釈迦如来」「弥陀如来」「寶生如来」「阿閦如来」と
仏の名前の額が掛けてありました
釈迦の舎利(骨)をおさめる塔が起源の重層塔も
時を経て役割が変わったのでしょう。

 

23d5eb61.JPG

参道にあった苔むした石灯籠

 

DSC_0256.JPG

灯籠には仏の姿が彫ってありました
形や大きさは違っても建つ意味は同じ・・・
三重塔を簡素化していけば石灯籠へとたどり着き
そうですね
 

 

ae520fe4.JPG

お坊さんが撞く鐘の音が境内に響いていました
自然に~
仏に~
私たちに~
同じ音が伝わります
 

8ac3db8d.JPG

梵字で彫られた 胎蔵界・大日如来の真言
真言は意味よりもそのが重要と言われています
 

 

1b5af26b.JPG

隣にはキレイに咲くボタンの花が 
美しく咲く花も、もっと美しくと手を加え
拘っていくと本来の姿から離れてしまいます
花は自然に咲いて散って行くから良いですね
なるべく余分なものを排することによって
自然に伝わってくるものってあると思います
そんな事を前山寺の三重塔が教えているような
気がしました
カテゴリー: 長野・馬篭・妻籠   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>